LINEで気軽に相談する

リラックスしてなかったことに気づきました。

30代女性 眼科助手

椎間板ヘルニアと診断され、その後も色々な不調に悩まれていたMさん。

 

足のシビレもあり、骨盤ベルトも手放せません。

また、呼吸もしにくく、トイレも近いので色々なお薬を飲んでいます。

 

一度目の施術後…

呼吸がしやすくなったことで、

今まで飲んでいた呼吸器系の

お薬を飲まなくて大丈夫になったそうです。

二度目の施術では

足のシビレも感じない時間が増えてきました。

そしてMさんは

「自分がいかにリラックスできてなかったか気づきました。」

とのこと。

 

カラダは繋がっています。

ズレている自分(緊張している自分)が普通だと

リラックスしているカラダ(自分)がわからなくなります。

本来の自分(リラックスしている自分)に立ち返れば

飲まなくていい薬やしなくていい手術やケガなどあります。

薬を服用する事で

内蔵に負担が掛かり逆に病気を増やしてしまうこともあります。

 

まずは

自分のカラダの持ってるチカラを信じてあげてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です